「FP弁護士」を目指す無職のブログ

法&ファイナンスで独立のライフサポートを行う「FP(ファイナンシャルプランナー)弁護士」を目指しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ヤバい会社員

もうすぐ30代になる身で、「脱サラして無職受験生」という相当ハイリスクなチョイスをしてますが、実感としては会社員も相当ヤバい時代です(もちろん勤務先によりますが)。

会社に身を置くということは、その会社にいる全員と、固い絆であれ緩いつながりであれ、チームを組んでいることを意味します。同僚が良い働きをすれば自分にも利益が転がり込んでくる一方、同僚が大損害を引き起こせばまわり回って自分にも火の粉が及ぶ可能性があります。

まさに会社は一つの「船」みたいなもの。

つまり、同じ会社にいる他人に(会社員としての)人生を預けている部分がある、と言えます。ゆえに、どんな人間と一緒に働いているかが非常に重大なワケです。

私自身は、社会人なら誰でも一度くらいは名前を聞いたことがあるような企業に勤めていたのですが、「この会社でサラリーマン続けるのはヤバい」と思って辞めました。いろいろ理由はありますが、一番の理由は一緒に働いてた上司のことを「ヤバい」と思ったからです。

辞めようと思ったきっかけの一つは、こんな感じです。

私は証券セールスでしたが、日々のノルマはなかなかキツいもので、非常に苦戦して営業成績が低迷中だったときのこと。

その上司は、成績の低迷した私に心からのアドバイスをしようと、営業のやり方を説いてくれました。そのときに何度も繰り返したのが次の言葉。

「うちの会社にとってはな、顧客は自殺しようとしてる人と同じなんだよ。いいか、お前は背中を押す役なんだ。背中を押して、崖から突き落としてやるんだよ!」

そうドヤ顔で得意げになんども語る上司。人間、一事が万事です。そう語る上司の人間性が、このとき非常によく分かった気がしました。(しかも、そいつが実は支店のコンプラ担当のトップだった・・・)

心の中で(あ、この会社やべーわ)と思った私は、その日から会社を辞める準備を本格的に始めました。先行きの全く見えないこの時代、生き残りがタダでさえ厳しくなっていく中で、こういうヤツがいる会社は(短期はともかく)長期的にムリ、と考えたからです。少なくとも、人生懸けるに値するとはとても思えず。

まっとうな(はずの)会社を辞めるのは重大な決断でしたし、たまたま上司だったそいつがバカな特殊例だったんだろうと思ってますが、しかし会社に人生懸けることは、「狂った同僚でもそいつに人生預ける」ことと似た面があります。

「会社員は安泰、その他はハイリスク」な時代でなく、「会社員かその他かは関係なく、安泰な人は安泰、やって行けない人はやって行けない」時代。これこそ正しい認識だと思います。

スポンサーサイト
  1. 2013/02/17(日) 19:46:02|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0

トラックバック

トラックバック URL
http://landfresearch.blog.fc2.com/tb.php/23-518dded6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。