「FP弁護士」を目指す無職のブログ

法&ファイナンスで独立のライフサポートを行う「FP(ファイナンシャルプランナー)弁護士」を目指しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【刑法】定義言ってみよう!!条文知識確認テスト(3)

条文知識確認テスト(1)(2)の続きです。詳細は前々回へ。

※ 当記事の解答例は、『刑法各論 第六版』(西田典之著)書中の【判例・実務・通説】の定義に拠っております。

刑法各論 第6版 (法律学講座双書)刑法各論 第6版 (法律学講座双書)
(2012/03/15)
西田 典之

商品詳細を見る


[問1]放火罪

(現住建造物等放火)
第108条  放火して、現に人が住居に使用し又は現に人がいる建造物、汽車、電車、艦船又は鉱坑を焼損した者は、死刑又は無期若しくは五年以上の懲役に処する。

・建造物とは?
家屋その他これに類する工作物で、土地に定着し、人の居起出入に適する構造を有する物体
・住居とは?
現に人の起臥寝食の場所として日常使用されるものをいい、昼夜間断なく人の現在することを要しない。放火の時点においても人が現在することを必要としない。
・「放火して」とは?
目的物に点火すること。目的物への直接的な点火のみでなく、媒介物への点火でもよい。
・焼損とは?
火が媒介物を離れて、目的物が独立に燃焼を継続する状態に達すれば足りる(独立燃焼説)

(非現住建造物等放火)
第109条  放火して、現に人が住居に使用せず、かつ、現に人がいない建造物、艦船又は鉱坑を焼損した者は、二年以上の有期懲役に処する。
2  前項の物が自己の所有に係るときは、六月以上七年以下の懲役に処する。ただし、公共の危険を生じなかったときは、罰しない。

・「公共の危険」とは?
108条及び109条1項に規定する建造物等への延焼の危険のみでなく、不特定または多数人の生命、身体、財産に対する危険も含まれる(無限定説)


[問2]通貨偽造罪

(通貨偽造及び行使等)
第148条  行使の目的で、通用する貨幣、紙幣又は銀行券を偽造し、又は変造した者は、無期又は三年以上の懲役に処する。
2  偽造又は変造の貨幣、紙幣又は銀行券を行使し、又は行使の目的で人に交付し、若しくは輸入した者も、前項と同様とする。

・「通用する」とは?
事実上通用することではなく、強制通用力を有すること
・偽造とは?
権限のない者が通貨に似た外観のものを作成すること。一般人に真正の通貨と誤認させる程度のものであることが必要。
・変造とは?
権限のない者が真正な通貨に加工して通貨に似た外観のものを作成すること
・行使とは?
偽造通貨を真正なものとして流通に置くこと
・交付とは?
偽貨であることを告げて、または、すでに偽貨であることを知っている相手に渡すこと
・輸入とは?
船の場合は陸揚げ、航空機の場合は着陸したことが必要

(偽造通貨等収得)
第150条  行使の目的で、偽造又は変造の貨幣、紙幣又は銀行券を収得した者は、三年以下の懲役に処する。

・収得とは?
偽貨を自己に取得する一切の行為


[問3]文書偽造罪

(公文書偽造等)
第155条  行使の目的で、公務所若しくは公務員の印章若しくは署名を使用して公務所若しくは公務員の作成すべき文書若しくは図画を偽造し、又は偽造した公務所若しくは公務員の印章若しくは署名を使用して公務所若しくは公務員の作成すべき文書若しくは図画を偽造した者は、一年以上十年以下の懲役に処する。
2  公務所又は公務員が押印し又は署名した文書又は図画を変造した者も、前項と同様とする。
3  前二項に規定するもののほか、公務所若しくは公務員の作成すべき文書若しくは図画を偽造し、又は公務所若しくは公務員が作成した文書若しくは図画を変造した者は、三年以下の懲役又は二十万円以下の罰金に処する。

・偽造(狭義)とは?
権限なく他人名義の文書を作成すること(有形偽造)
・虚偽作成とは?
文書の作成権限を有する者が内容虚偽の文書を作成すること(無形偽造)
・変造とは?
真正に成立した文書に変更を加えること

(私文書偽造等)
第159条  行使の目的で、他人の印章若しくは署名を使用して権利、義務若しくは事実証明に関する文書若しくは図画を偽造し、又は偽造した他人の印章若しくは署名を使用して権利、義務若しくは事実証明に関する文書若しくは図画を偽造した者は、三月以上五年以下の懲役に処する。
2  他人が押印し又は署名した権利、義務又は事実証明に関する文書又は図画を変造した者も、前項と同様とする。
3  前二項に規定するもののほか、権利、義務又は事実証明に関する文書又は図画を偽造し、又は変造した者は、一年以下の懲役又は十万円以下の罰金に処する。

・権利、義務に関する文書とは?
私法上または公法上の権利・義務の発生、消滅、変更を目的とする意思表示を内容とする文書
・事実証明に関する文書とは?
社会生活に交渉を有する事項を証明する文書


[問4]わいせつ罪
・わいせつとは?
徒らに性欲を興奮又は刺激し、かつ普通人の正常な性的羞恥心を害し善良な性的道義観念に反するもの

(公然わいせつ)
第174条  公然とわいせつな行為をした者は、六月以下の懲役若しくは三十万円以下の罰金又は拘留若しくは科料に処する。

・「公然と」とは?
わいせつ行為を不特定または多数人が認識できる状態

(わいせつ物頒布等)
第175条  わいせつな文書、図画、電磁的記録に係る記録媒体その他の物を頒布し、又は公然と陳列した者は、二年以下の懲役若しくは二百五十万円以下の罰金若しくは科料に処し、又は懲役及び罰金を併科する。電気通信の送信によりわいせつな電磁的記録その他の記録を頒布した者も、同様とする。
2  有償で頒布する目的で、前項の物を所持し、又は同項の電磁的記録を保管した者も、同項と同様とする。

・頒布とは?
不特定または多数の者に有償または無償で交付すること
・公然陳列とは?
わいせつ物を不特定または多数の者が視聴できるような状態にすること
・有償の頒布目的の所持とは?
有償の頒布目的でわいせつ物を自己の支配下に置くこと


[問5]公務執行妨害罪

(公務執行妨害及び職務強要)
第95条  公務員が職務を執行するに当たり、これに対して暴行又は脅迫を加えた者は、三年以下の懲役若しくは禁錮又は五十万円以下の罰金に処する。
2  公務員に、ある処分をさせ、若しくはさせないため、又はその職を辞させるために、暴行又は脅迫を加えた者も、前項と同様とする。

・公務員とは?
国又は地方公共団体の職員その他法令により公務に従事する議員、委員その他の職員(7条1項)
・職務とは?
ひろく公務員が取り扱う各種各様の事務のすべて(単純な機械的・肉体的労務を除く)。適法性を要する。
・「職務を執行するに当たり」とは?
具体的・個別的に特定された職務の執行を開始してからこれを終了するまでの時間的範囲およびまさに当該職務の執行を開始しようとしている場合のように当該職務の執行と時間的に接着しこれと切り離し得ない一体的関係にあるとみることができる範囲内の職務行為に限定される。
・暴行とは?
208条の暴行より広く、公務員の身体に加えられたものに限らず、直接・間接を問わず公務員に向けられた不法な有形力の行使(間接暴行)を含む。
・脅迫とは?
222条より広く、およそ人を畏怖させるに足る害悪の告知
・「処分」とは?
広く公務員の職務上なしうる行為


[問6]犯人蔵匿・証拠隠滅罪

(犯人蔵匿等)
第103条  罰金以上の刑に当たる罪を犯した者又は拘禁中に逃走した者を蔵匿し、又は隠避させた者は、二年以下の懲役又は二十万円以下の罰金に処する。

・「罰金以上の刑に当たる罪」とは?
法定刑に罰金以上の刑が含まれている罪
・「犯した者」とは?
犯罪の嫌疑者として捜査の対象となっていれば足りる
・「拘禁中に逃走した者」とは?
法令により拘禁された者(99条参照)。逃走罪が成立する必要はなく、奪取された者を含む。
・「蔵匿」とは?
場所を提供して匿うこと
・「隠避させた」とは?
蔵匿以外の方法により官憲による発見・身柄の拘束を免れさせる一切の行為

(証拠隠滅等)
第104条  他人の刑事事件に関する証拠を隠滅し、偽造し、若しくは変造し、又は偽造若しくは変造の証拠を使用した者は、二年以下の懲役又は二十万円以下の罰金に処する。

・証拠とは?
刑事事件に関するもののみで、民事事件等の証拠は含まれない。犯罪の成否に関するものだけでなく、情状証拠も含まれる。また物的証拠のみでなく人的証拠も含む。
・「刑事事件」とは?
被告事件、被疑事件のみでなく捜査開始前の事件も含まれる
・隠滅とは?
証拠の顕出を妨げもしくはその効力を滅失・減少させる一切の行為
・偽造とは?
実在しない証拠を実在するかのように作出すること
・変造とは?
既存の証拠に改ざんを加えて証拠としての効力に変更を加えること
・証拠の使用とは?
偽造・変造された証拠を真正なものとして使用すること


[問7]職権濫用罪

(公務員職権濫用)
第193条  公務員がその職権を濫用して、人に義務のないことを行わせ、又は権利の行使を妨害したときは、二年以下の懲役又は禁錮に処する。

・職権とは?
当該公務員の有する一般的職務権限。必ずしも法律上の強制力を要せず、濫用された場合、相手方に事実上義務なきことを行わせ又は行うべき権利を妨害するに足る権限であればよい。(強制力はないとしても、国民に対し事実上服従ないし忍受を求めうるような職務権限)
・濫用とは?
公務員が、その一般的職務権限に属する事項につき、職権の行使に仮託して実質的・具体的に違法、不当な行為をすること

(特別公務員職権濫用)
第194条  裁判、検察若しくは警察の職務を行う者又はこれらの職務を補助する者がその職権を濫用して、人を逮捕し、又は監禁したときは、六月以上十年以下の懲役又は禁錮に処する。

・「裁判、検察若しくは警察の職務を行う者」とは?
裁判官、検察官、司法警察員
・「これらの職務を補助する者」とは?
裁判所書記官、廷吏、検察事務官、司法巡査など、その職務上補助者の地位にある者

(特別公務員暴行陵虐)
第195条  裁判、検察若しくは警察の職務を行う者又はこれらの職務を補助する者が、その職務を行うに当たり、被告人、被疑者その他の者に対して暴行又は陵辱若しくは加虐の行為をしたときは、七年以下の懲役又は禁錮に処する。
2  法令により拘禁された者を看守し又は護送する者がその拘禁された者に対して暴行又は陵辱若しくは加虐の行為をしたときも、前項と同様とする。

・暴行とは?
208条にいう暴行
・「陵辱若しくは加虐の行為」とは?
侮辱的言動を弄する、食事をさせない、用便に行かせない、わいせつな行為等の手段により、肉体的・精神的に苦痛を与えること


[問8]賄賂罪
・賄賂とは?
公務員の職務行為の対価としての不正な報酬(財物に限らず、人の需要もしくは欲望を充たすに足るべき一切の利益を含む)

(収賄、受託収賄及び事前収賄)
第197条  公務員が、その職務に関し、賄賂を収受し、又はその要求若しくは約束をしたときは、五年以下の懲役に処する。この場合において、請託を受けたときは、七年以下の懲役に処する。
2  公務員になろうとする者が、その担当すべき職務に関し、請託を受けて、賄賂を収受し、又はその要求若しくは約束をしたときは、公務員となった場合において、五年以下の懲役に処する。

・職務とは?
公務員がその地位に伴い公務として取り扱うべき一切の職務(本来の職務権限に属さないものでも、その職務権限と密接な関係を有する行為を含む)
・要求とは?
賄賂の供与を求める意思表示
・約束とは?
将来賄賂を供与し、収受する旨の収賄者と贈賄者の合意
・収受とは?
供与された賄賂を自己のものとする意思で取得すること
・請託とは?
公務員に対して一定の職務行為を行うことを依頼すること(正・不正を問わない)

(贈賄)
第198条  第197条から第197条の4までに規定する賄賂を供与し、又はその申込み若しくは約束をした者は、三年以下の懲役又は二百五十万円以下の罰金に処する。

・申込みとは?
公務員に賄賂の収受を促す行為
・約束とは?
贈賄者と公務員とで賄賂の授受を合意すること
・供与とは?
賄賂を公務員に収受させること



取り上げ切れなかった重要事項が多々ありますので、ぜひ基本書等を参照しながらテストしてみて下さい。

スポンサーサイト
  1. 2013/02/15(金) 01:57:42|
  2. | トラックバック:0

トラックバック

トラックバック URL
http://landfresearch.blog.fc2.com/tb.php/22-91d03cd5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。