「FP弁護士」を目指す無職のブログ

法&ファイナンスで独立のライフサポートを行う「FP(ファイナンシャルプランナー)弁護士」を目指しています。

【人生でやりたいこと】(ブログ趣旨)

現時点の、これからやって行きたい仕事・実現したい志です。自己紹介の一環として。(カンタンな経歴は左記プロフご覧下さい。)
主に下記のテーマでブログを書きたいと思ってます。こんなことに興味のある方・何となく気になる方は、ブログ左側のTwitter、メールフォーム等でメッセージお待ちしてま~す。

  1. 1.お客様の現在から老後までの生活を戦略的に考える【ファイナンシャルプランナー業・個人向け】
  2. 2.お客様のあらゆるトラブルを上手に予防・解決する【弁護士業(予定)・個人向け】
  3. 3.民主主義の「アップデート版」をつくる【趣味・社会全体】
[空白スペース]

※ これだけでは意味が分からないので、ちょっとずつ詳しくする予定です…。

[空白スペース]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

考えるんじゃない




Feeeeel!!!

なんで?と言われそうだけど、映画『そして父になる』を観て、ブルース・リーのこのセリフがなんか頭に浮かんだ。

わかろうとしてもわからず、ただ「わかったつもり」にしかなれないモノがある。

わかった、と思った瞬間に全然わからなくなるモノ。
親子の「つながり」とか「愛情」とか「信頼」とか、そういう類のモノ。
証明とか保証とかから、最も遠いモノ。

コトバだけでわかるようなモノじゃない。(もともとジークンドーの話だし)

「どうせ愛は感じるモノだ、とか言うんだろ?わかってるよ、そんなこと」とか言っている人は、わかっていない。

体験しているときにしか、その瞬間にしか存在しないモノの話なので。

「オモチャを買ってあげれば、好きになってくれるはずだ」
「会社で出世すれば、家族からも尊敬されるはずだ」
「6年も育てたんだから、愛しているはずだ」

こんなふうに形のあるモノしか信じられない人間が、子どもの父親になったらどうなるか。

映画は、「感じる」ために存在するから良い。カンヌの絶賛の意味がよくわかった気がした。

スポンサーサイト
  1. 2013/10/08(火) 07:27:41|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。